シトルリンの摂取が体臭にどう影響する?

シトルリンは、アミノ酸の一種で、筋トレなどに役立つと言われています。運動をする時に代謝の促進や疲労回復のためにサプリメントなどで利用される機会が多いです。シトルリンを摂取すると、血液の流れが良くなるとともに、尿の回数が増えたり、汗をかきやすくなったりします。これに伴う体臭との関係を説明していきます。

シトルリンは運動のパフォーマンスを向上し、汗をよくかくのが良い

シトルリンの主な効果は血流の改善です。血液は、体中の細胞に酸素や栄養を届ける役割があるため、血液の流れがよくなると運動のパフォーマンスが上昇します。シトルリンは体内に入るとアルギニンという成分に変わります。その際に一酸化窒素が血管の中に発生して、血液の流れがよくなるのです。

シトルリンを摂取すると、尿の回数が増える人もいます。これは、体内にある有毒なアンモニアを無毒化して、体外に排出する効果が高めているためです。アンモニアは、運動する時にたくさん生成されて、体臭の原因となってしまいます。

また、シトルリンの摂取は代謝を上げていき、体温を調節するために発汗量が増えるのです。この時、大量にかく汗と一緒に老廃物がに出てきますが、普段あまり汗をかかない人は体内に老廃物がたまりやすくなります。たまった老廃物は、毛穴から汗とともに流れ出るために体臭がきつくなってきます。

しかし、大量に汗をかききってしまうと体内はきれいになり、体臭も次第になくなっていくでしょう。運動するときに、最初は少し汗臭く感じますが、たくさん汗をかくと臭いがなくなるのは、そのためです。シトルリンを摂取すると、体が元気になり汗が出やすくなるので、運動前に取るのが良いでしょう。

体臭をなくすためにもシトルリンを摂取しよう

シトルリンの摂取は、尿の回数や汗の量を増やすために、体臭がきつくなることも多くなるようです。しかし、これらの作用は体の中の老廃物を体外に出すはたらきがあります。

運動時にはシトルリンをサプリメントなどで摂取して、血流を良くして代謝を上げ、しっかりと汗をかくのが良いでしょう。この結果、体臭の改善となり健康増進にも繋がっていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*