シトルリンを食べ物から摂取するには

遊離アミノ酸のひとつシトルリンは、代謝の促進や疲労回復などの効果があり筋トレに最適な成分として注目を集めています。それ以外にも、むくみの解消や肌の保湿など女性に嬉しい働きも期待することができます。

そんなシトルリンを食べ物から摂取したいと考えた場合、スイカをはじめとしたウリ科の食材を積極的に食べるようにすることが有効です。

シトルリンの含有量が多いのは

様々な食べ物の中でも、特に多くのシトルリンを含む食材がスイカです。100g辺りに含まれるシトルリンは、約180mgとなっています。1日に推奨される摂取量は800mgをスイカで摂取する場合は、約1/7個を食べる必要があります。夏場にスイカをよく食べる人の場合は、食べ物から1日に必要なシトルリンを摂取するということも可能でしょう。

ただ、夏以外の季節に毎日スイカを食べ続けるというのは簡単なことではありません。1年を通じて安定した量のシトルリンを摂取したい場合は、スイカ以外からの摂取も考えておくことが大切です。スイカ以外ではメロンや冬瓜、きゅうりなどシトルリンはウリ科の食材に多く含まれていますただ、スイカに比べるとその量は少なく比較的含有量が多いメロンでも、100g辺り50mgしかシトルリンが含まれていません。

実際にメロンだけで1日の推奨量を摂取しようとする場合は1日に1.3個、冬瓜であれば3.8個必要となります。キュウリに至っては1日56本と、スイカ以外の食べ物から毎日必要なシトルリンを摂取することは簡単ではありません。ただ、加熱をしても壊れにくい成分のため、火を通しても問題なく摂取ができるという特徴があります。

スイカなどの食べ物や食材でシトルリンを摂取する場合は

ウリ科の食材に多く含まれるシトルリンは、夏場であればスイカを積極的に食べることで必要な量を摂取することが可能です。冬瓜やキュウリなどスイカ以外の食材から摂取をする場合は、とても多くの量が必要となります。加熱をしても成分が壊れる心配は殆どありませんが、必要量をしっかりと摂取したい場合はサプリメントの活用も考えておく方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*