筋トレに役立つ、シトルリンの効果

サプリメントなどの健康食品で目にするシトルリン。

巷では、スーパーアミノ酸と呼ばれていて、肌の保湿や、冷えむくみの解消など女性に嬉しい成分があると注目されています。それ以外にも、筋トレをする際の運動パフォーマンスの向上にも効果があるそうです。

今回は、シトルリンの成分と筋トレに期待できる効果についてご紹介します。

シトルリンの筋トレに期待できる効果

シトルリンは、1930年にスイスで発見されたアミノ酸の一種です。ウリ科の植物のほとんどに含まれていて、尿素回路を構成している化合物のひとつです。また、シトルリンは人体で合成可能な物質で、それを多く含む食品から摂取することが可能です。
シトルリンが筋トレに期待できる効果は、血管拡張作用にあります。
メカニズムを説明しましょう。

体の中にシトルリンの量が増えると、アルギニンが増えます。この物質が増加すると体内の一酸化窒素濃度も上昇します。実は、一酸化窒素には、血管を拡張させる作用があるため血の巡りが良くなります。それにより、代謝がアップするので筋トレの効果も上がりやすいということです。

また一酸化窒素には、運動をする際の持続力などにも効果があると言われていて、運動をすると作られてしまう乳酸やアンモニアなどを、素早く体外へ排出する働きをするとされています。シトルリンが、体内で筋肉を作りやすい環境を整えるための手助けをしてくれるということです。

そのため、運動やスポーツをする人たちは、好んで摂取しています。抗酸化作用や代謝が上がるという面から、ダイエットやむくみ解消など、アンチエイジングにも効果が期待されています。

そんなシトルリンですが、食べものの中で一番多く含まれているのがスイカです。
その他にも、メロンや冬瓜、ニガウリ、キュウリ、ヘチマなど、やはりウリ科の植物のほとんどに含まれてます。現在では、サプリメントも多く販売されていますし、そちらの方が含有量が多いので試してみるといいかもしれません。

筋トレに効くシトルリンの効果まとめ

シトルリンは、アミノ酸の一種で、ウリ科の植物のほとんどに含まれています。

筋トレに期待できる効果は一酸化窒素濃度の上昇による血管拡張作用です。一酸化窒素は、上昇すると血管拡張作用を起こし代謝をアップさせます。また、乳酸やアンモニアなどを素早く体外へ排出する働きがあり、筋肉作りの手助けをしてくれます。

食べものではスイカに最も多く含まれています。サプリメントなどをバランス良く利用することをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*