シトルリンは1日800mgの摂取量で効果が現れる

シトルリンの効果に期待することは、人それぞれです。しかしどの効果を期待する場合でも、飲むタイミングが違うと効果は表れにくくなります。そしてシトルリンは薬品ではないので上限は定まっていませんが、血流改善などの効果が高いので、過剰摂取になるとそれによる頭痛などの不快な症状が現れる場合があります。シトルリンは、タイミングと適量を守ると効果的です。

シトルリンは摂取量とタイミングがポイントです

スイカから発見された成分のシトルリンは体力向上や血流改善、肌のうるおいアップなどに非常に高い効果があります。食物から摂取する場合はスイカはもちろん、メロンやゴーヤなどにも含まれていて食事で摂取しやすい成分です。そしてより効果を高めたい場合は、やはりサプリメントで摂取すること毎日簡単に多く摂取出来ます。

しかしシトルリンはただ適当にサプリメントを取るだけでは、効果は上がりません。きちんとタイミングを合わせて摂取する必要があります。
シトルリンを飲んで脂肪燃焼をさせたい人は運動前に、運動後の疲労感が強くそれを早く回復させたい人は運動後に摂取すると破壊された筋肉組織を回復させて疲労物質を分解するので効果的です。

シトルリンの摂取量の上限は特に厚生省などで定められていませんが、何かの効果を期待して摂取するなら1日800mg以上継続して取ると効果が現れやすいです。しかし効果が出る事を急いで過剰摂取が続くと、頭痛などの症状が現れる場合があります。それはシトルリンに血流促進作用があるため、効果が現れすぎて脳の血流が促進しすぎると血管の近くにある神経が刺激されて頭痛を起こすことがあります。

薬品ではないので副作用はありませんが、シトルリン摂取量と飲むタイミングを守ったほうが良い状態が保てます。

シトルリンは摂取量とタイミングがポイントです

シトルリンは体力向上や美容に効果的な成分で、サプリメントで摂取すると簡単です。
しかしやみくもに摂取しても効果は上がらず、期待する効果によって運動前・運動後などのタイミングを考えることが大切です。

そして上限はありませんが、過剰摂取が続くと血流が良くなり過ぎるので適量を守った方が心配な症状が起こることなく安心です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*