シトルリンやオルニチンはどのような働きをする成分なのか

筋力増強や健康促進などを目的にしたサプリメントは数多く販売されていますが、その中でもシトルリンやオルニチン、アルギニンは多くみられる成分です。

今回はこのようなサプリメントに含まれている成分が、どのような働きをしているのか紹介します。それぞれの成分の働きを知っておいて、効率的に摂取できるようになりましょう。

身体づくりに欠かすことができないだけでなく免疫力アップのためにも大事な成分

アルギニンは骨格や筋肉をつくるために欠かすことができないアミノ酸です。体内でも生産されますが、年を重ねるごとにその生産量は低下していきます。さらに、免疫細胞であるマクロファージにも働きかけます。マクロファージは体内に入ってきたウイルスや細菌を食べる白血球であり、その働きが活性化することによって免疫力アップにつながります。

次にシトルリンは遊離アミノ酸の一種であり、尿素をアンモニアから生成する際に重要な役割を果たしているのが特徴です。血管を拡張させる作用があるので、血の流れをよくしたり運動パフォーマンスをアップさせる効果を期待できます。これはシトルリンが増えることによって、アルギニンも増え一酸化窒素の濃度が体内で上昇するためです。一酸化窒素が血管を拡張することで血液量が増えて、パフォーマンスが向上します。運動によって生じるアンモニアや乳酸なども素早く除去します。

オルニチンは、しじみなどに豊富に含まれているアミノ酸の一種です。Lアルギニンから生合成され、主に肝臓内で働きます。肝臓内にはアンモニアを尿素にして解毒をするオルニチン回路が存在していますが、オルニチンはこの回路で重要な働きを行う成分です。

体内でつくられる量が少ないのでサプリメントや食事で摂取しよう

今回紹介したアミノ酸は体内で作りだすことはできますが、量が少ないため不足している分をサプリメントや食品で補う必要があります。身体の成長に欠かすことができないだけでなく免疫力をアップさせたり、疲労回復のサポートのためにも重要な成分です。

子どものころだけでなく年を重ねてからも意識して摂取することが大事なので、ライフスタイルに合わせてこのような成分を取り入れてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*