体内でアルギニンからも作られるシトルリンの魅力

サプリメントの成分としてシトルリンがよく着目されるようになりました。体内ではアルギニンやオルニチンと相互変換が行われている成分ですが、シトルリンを成分として直接摂取するのにはどのような意義があるのでしょうか。どのような目的で摂取するのかに応じて適切な成分を選ぶ必要があるので、シトルリンの役割をまずは把握しましょう。

体内での役割から考えるシトルリンの摂取をする魅力とは

オルニチン回路と呼ばれる肝臓での解毒機構によりシトルリンはアルギニン、オルニチンと相互変換されています。そのため、肝臓の機能を向上させたいという場合にはシトルリンを摂取してもアルギニンを摂取してもそれほど大きな違いはないと考えることが可能です。しかし、この相互変換は決して早くはなく、サプリメントから摂取したときには摂取したアミノ酸の血中濃度が飛躍的に高まります。

そのため、アミノ酸が独自に持っている作用を強めたいときにはその成分を選ぶのが肝心です。シトルリンには一酸化窒素を発生させて血管を拡張させる作用があります。そのため、男性が生殖器の増大を目指したいというときにはアルギニンに比べて効果が高いとされていて、亜鉛と一緒に摂取するとさらに有効性が高まると考えられているのです。

また、血管の拡張によって血液循環が良くなると期待できるため、血行不良によるむくみの軽減などにも適しています。薄毛対策としても亜鉛と併用とすると良いとされていますが、毛細血管が張り巡らされている頭皮に栄養が行き渡るようになり、亜鉛による細胞分裂の促進によって髪の毛の細胞が増えやすくなるからです。

このような形で目的によってはシトルリンには魅力的な効果が得られます。

シトルリンで直接摂取するのが目的によっては効果的

体内ではシトルリンはアルギニンやオルニチンからも作られていますが、サプリメントとして摂取すると高い血中濃度にすることができ、独自の作用が強く発揮されるようになります。

血管の拡張作用が最も大きなものとして知られているので、それに付随する効果を期待するときには効果的です。目的に応じて亜鉛なども併用するとより良い効果を期待できるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*