シトルリン

シトルリンの効果で肩こりを改善しよう

近年スーパーアミノ酸として注目を集めているシトルリンは、1930年に日本のスイカから発見されましたが、その成分は過酷な環境下で育つカラハリ砂漠の原種に多く含まれています。シトルリンには血管を拡張させることによって血行を促進する作用があり、これによって肩こりや冷え性、むくみなど体の不快要素の緩和に役立てることができるとの期待が高まっています。

シトルリンとはどんなもの?

体内において、アミノ酸の多くは長くつながりタンパク質を構成しますが、シトルリンはタンパク質を合成せず、個々の状態で存在するので遊離アミノ酸と呼ばれています。また体内で合成ができることから、非必須アミノ酸に分類されます。

この、体内で合成したり分解したりする過程において、シトルリンは一酸化窒素(NO)を産出しますが、この物質が血流に起因する様々なトラブルを緩和することができるのです。

血行不良で起こる体の不快症状といえば肩こりが有名ですが、その原因は様々です。近年ではパソコンやスマホの普及によって同じ姿勢で長時間目を酷使することも多くなり、疲労から肩の筋肉が固くなり血管が圧迫され、血流が悪くなってしまうことも多いでしょう。

一酸化窒素には、血管をしなやかに拡張させ血液の流れを良くするという機能があるので、血行不良に起因する肩こりや冷え性、むくみなどの改善が見込めます。

その他にも、血流に原因を持つ病気の予防や、運動面でのパフォーマンス向上、集中力アップなどにも効果が期待できます。
シトルリンはスイカをはじめ、ウリ科の植物に含まれていますが、一日の摂取量目安である800ミリグラムを毎日スイカから摂取することは非現実的ですので、サプリメントを上手く取り入れることが必要です。

シトルリンの血管拡張作用が肩こりを緩和する

シトルリンは緊張状態の血管を拡張させ、血流を改善することによってつらい肩こりの症状を緩和してくれます。植物由来の成分だから安心して摂取できるのも、嬉しい点です。

日本では食品に利用されるようになってまだ日が浅く馴染みがないかも知れませんが、体に良い事をたくさんもたらしてくれるシトルリンは、まさにスーパーアミノ酸です。

テストステロンを増やせる?シトルリンの効果を調べてみよう

シトルリンは天然の栄養素でスイカなどに多く含まれています。体内で働くアミノ酸の一種として、テストステロンの増強にもつながりやすい成分です。成長ホルモンの働きを助けることで、精子や勃起力の向上も期待できます。どんなサイクルで作用しているのか、どのように摂取するのが効果的かなど具体的に調べてみましょう。

具体的なサイクルと摂取方法について

シトルリンは体の中でアルギニンに変化し、一酸化窒素の排出量を増やす作用があります。血管内が膨むことで血液が通りやすくなり、血流も促進されるのが特徴です。海綿体細胞に多くの血液が流れ勃起力のアップにもつながります。アルギニンは精子の主要成分でもあり、テストステロンの向上にも欠かせない成分です。男性ホルモンの分泌力を高めることで、精子・精液の質や量も上げられます。

成長ホルモンの活発化はペニスのサイズアップにも効果的です。シトルリンは尿素回路との関わりが強く、下半身の細胞づくりでも重要な働きをする成分です。栄養が行き渡りやすくなることで細胞も活性化できます。

シトルリンは食品にはわずかしか含まれていないため、サプリで摂取するのが効率的となっています。運動前に飲めば、筋肉が傷みにくくなり脂肪も燃焼しやすくなるはずです。運動後に飲むことで、筋肉が修復しやすくなり疲労感も軽減されます。

テストステロンを増やすには、なるべく継続的に摂取することも大事です。亜鉛やマカなど、その他の栄養素を同時に摂取すれば相乗効果も期待できます。血圧の疾患や薬を飲んでいる場合は、医師に相談してから摂取するようにしましょう。

テストステロンを増やすにはシトルリンが効果的

シトルリンは効果が穏やかで体への負担も少なくなっています。即効性はないですが、続けて飲むことでテストステロンを増やせるのは大きなメリットです。その他のサプリとの相性も良く下半身だけでなくさまざまなシーンで活用できます。摂取量さえ守れば副作用が出る心配もありません。ぜひ気軽にチャレンジしてみて下さい。

シトルリンの摂取が体臭にどう影響する?

シトルリンは、アミノ酸の一種で、筋トレなどに役立つと言われています。運動をする時に代謝の促進や疲労回復のためにサプリメントなどで利用される機会が多いです。シトルリンを摂取すると、血液の流れが良くなるとともに、尿の回数が増えたり、汗をかきやすくなったりします。これに伴う体臭との関係を説明していきます。

シトルリンは運動のパフォーマンスを向上し、汗をよくかくのが良い

シトルリンの主な効果は血流の改善です。血液は、体中の細胞に酸素や栄養を届ける役割があるため、血液の流れがよくなると運動のパフォーマンスが上昇します。シトルリンは体内に入るとアルギニンという成分に変わります。その際に一酸化窒素が血管の中に発生して、血液の流れがよくなるのです。

シトルリンを摂取すると、尿の回数が増える人もいます。これは、体内にある有毒なアンモニアを無毒化して、体外に排出する効果が高めているためです。アンモニアは、運動する時にたくさん生成されて、体臭の原因となってしまいます。

また、シトルリンの摂取は代謝を上げていき、体温を調節するために発汗量が増えるのです。この時、大量にかく汗と一緒に老廃物がに出てきますが、普段あまり汗をかかない人は体内に老廃物がたまりやすくなります。たまった老廃物は、毛穴から汗とともに流れ出るために体臭がきつくなってきます。

しかし、大量に汗をかききってしまうと体内はきれいになり、体臭も次第になくなっていくでしょう。運動するときに、最初は少し汗臭く感じますが、たくさん汗をかくと臭いがなくなるのは、そのためです。シトルリンを摂取すると、体が元気になり汗が出やすくなるので、運動前に取るのが良いでしょう。

体臭をなくすためにもシトルリンを摂取しよう

シトルリンの摂取は、尿の回数や汗の量を増やすために、体臭がきつくなることも多くなるようです。しかし、これらの作用は体の中の老廃物を体外に出すはたらきがあります。

運動時にはシトルリンをサプリメントなどで摂取して、血流を良くして代謝を上げ、しっかりと汗をかくのが良いでしょう。この結果、体臭の改善となり健康増進にも繋がっていきます。

シトルリンはむくみの解消に効果的

特に女性の場合、冷え性で血行が滞ることが原因で足のむくみに悩まされている人は多くいらっしゃいます。むくみがひどくなると太って見えてしまうので、何とかして解消したいと思うのではないでしょうか。そのような悩みを抱えている人に、シトルリンという成分は簡単にむくみを解消することができると注目を集めています。

シトルリンはなぜむくみを解消できるか

シトルリンがむくみを解消できる理由は、体内での一酸化窒素の生成を高める作用があるからです。そもそも一酸化窒素には血管の平滑筋を弛緩させる働きがあるので、動脈を拡張させて血流量を増やすことができます。

基本的にむくみというのは、冷えによって血液が体の隅々まで行き渡らなくなり、体に水分や老廃物が溜まることで生じるものです。そこで、シトルリンを意識して摂取すれば、一酸化窒素が増えて血流をスムーズにすることができます。

その結果、体に溜まった老廃物や水分を体外にきちんと排出できるので、むくみの症状を改善することができるというわけです。

シトルリンというのは、主にスイカやメロン・キュウリ・ヘチマなどウリ科に属する植物にたくさん含まれています。なので、むくみの解消のために、これらの食品を摂取すれば良いと思われがちです。ただ実は一日に必要とされるシトルリンを食品から摂取するのは非常に困難です。

というのも、メロンで1.3個、キュウリでおよそ55本というたくさんの量を1日に摂取する必要があるためです。したがって、十分にシトルリンを摂取するためには、食品とともにサプリメントと併用して摂取することをおすすめします。

シトルリンで簡単にむくみを解消できる

シトルリンは、冷えやむくみが気になる女性にとって不可欠な成分です。シトルリンを意識して摂取することで、血行を促してむくみの原因とある老廃物や余計な水分を排出できるからです。また、シトルリンは毒性が低い成分なので、過剰摂取によって健康被害が引き起こされる心配がありません。なので、誰もが安心してサプリメントで摂取する事が可能です。

 

シトルリンの最適な飲み方とより高い効果を得るための飲み合わせ

健康志向が高まっている現代では、日々の食生活で不足しがちな栄養を補うためにサプリメントを服用する人が増加傾向にあります。その中でもアンチエイジングを始めとしたさまざまな効果が期待できることで人気となっているのがシトルリンです。そこで今回は、シトルリンの効果をより多く得るための最適な飲み方についてご紹介します。

シトルリンの効果を高める服用のタイミングと注意点

シトルリンは飲用することで血流の促進や動脈硬化の予防が期待できることで近年注目されているのがサプリメントです。

サプリメントは健康補助食品という位置づけになっていることから、一般的な薬のように食前、食後など決められた服用のタイミングと言うのはありません。とはいえ、1日の中でいつ飲んでも同じということはなく、最適なタイミングや飲み方はあります。
まず目安となる摂取量ですが、シトルリンは1日およそ800mgが適量です。

この量は1度に摂取するよりも数回に分ける飲み方がより効果的とされています。中にはより高い効果を求めて1日の目安を超える量を摂取してしまう人も少なくありません。

しかし、サプリメントに限らず過度な摂取は体に悪影響を与える原因となるので必ず適量の摂取を心掛けることが大切です。シトルリンは単品として飲んでも問題ありませんが、マカや亜鉛との飲み合わせによってさらに高い効果が期待できます。

飲むタイミングは求める効果によって異なり、筋力のアップやダイエットとして服用するのであれば脂肪の燃焼や筋肉の損傷を抑えてくれる効果が得るために運動の前が最適です。抜け毛や薄毛、肌質の改善といった美容を目的とする人は、寝る前の服用がおすすめとされています。

注意を守って服用することが健康を手に入れる秘訣

シトルリンは人間の体を健康にするさまざまな効果が期待できるサプリメントですが、副作用について心配する人も少なくありません。シトルリンはスイカなどに多く含まれる栄養素で、飲むことで懸念される副作用はないとされています。とはいえ、例え副作用がなくても過度な摂取をすれば悪い影響が出るケースもあるので、用法を守って正しく服用することが大切です。

シトルリンを食べ物から摂取するには

遊離アミノ酸のひとつシトルリンは、代謝の促進や疲労回復などの効果があり筋トレに最適な成分として注目を集めています。それ以外にも、むくみの解消や肌の保湿など女性に嬉しい働きも期待することができます。

そんなシトルリンを食べ物から摂取したいと考えた場合、スイカをはじめとしたウリ科の食材を積極的に食べるようにすることが有効です。

シトルリンの含有量が多いのは

様々な食べ物の中でも、特に多くのシトルリンを含む食材がスイカです。100g辺りに含まれるシトルリンは、約180mgとなっています。1日に推奨される摂取量は800mgをスイカで摂取する場合は、約1/7個を食べる必要があります。夏場にスイカをよく食べる人の場合は、食べ物から1日に必要なシトルリンを摂取するということも可能でしょう。

ただ、夏以外の季節に毎日スイカを食べ続けるというのは簡単なことではありません。1年を通じて安定した量のシトルリンを摂取したい場合は、スイカ以外からの摂取も考えておくことが大切です。スイカ以外ではメロンや冬瓜、きゅうりなどシトルリンはウリ科の食材に多く含まれていますただ、スイカに比べるとその量は少なく比較的含有量が多いメロンでも、100g辺り50mgしかシトルリンが含まれていません。

実際にメロンだけで1日の推奨量を摂取しようとする場合は1日に1.3個、冬瓜であれば3.8個必要となります。キュウリに至っては1日56本と、スイカ以外の食べ物から毎日必要なシトルリンを摂取することは簡単ではありません。ただ、加熱をしても壊れにくい成分のため、火を通しても問題なく摂取ができるという特徴があります。

スイカなどの食べ物や食材でシトルリンを摂取する場合は

ウリ科の食材に多く含まれるシトルリンは、夏場であればスイカを積極的に食べることで必要な量を摂取することが可能です。冬瓜やキュウリなどスイカ以外の食材から摂取をする場合は、とても多くの量が必要となります。加熱をしても成分が壊れる心配は殆どありませんが、必要量をしっかりと摂取したい場合はサプリメントの活用も考えておく方が良いでしょう。

筋トレに役立つ、シトルリンの効果

サプリメントなどの健康食品で目にするシトルリン。

巷では、スーパーアミノ酸と呼ばれていて、肌の保湿や、冷えむくみの解消など女性に嬉しい成分があると注目されています。それ以外にも、筋トレをする際の運動パフォーマンスの向上にも効果があるそうです。

今回は、シトルリンの成分と筋トレに期待できる効果についてご紹介します。

シトルリンの筋トレに期待できる効果

シトルリンは、1930年にスイスで発見されたアミノ酸の一種です。ウリ科の植物のほとんどに含まれていて、尿素回路を構成している化合物のひとつです。また、シトルリンは人体で合成可能な物質で、それを多く含む食品から摂取することが可能です。
シトルリンが筋トレに期待できる効果は、血管拡張作用にあります。
メカニズムを説明しましょう。

体の中にシトルリンの量が増えると、アルギニンが増えます。この物質が増加すると体内の一酸化窒素濃度も上昇します。実は、一酸化窒素には、血管を拡張させる作用があるため血の巡りが良くなります。それにより、代謝がアップするので筋トレの効果も上がりやすいということです。

また一酸化窒素には、運動をする際の持続力などにも効果があると言われていて、運動をすると作られてしまう乳酸やアンモニアなどを、素早く体外へ排出する働きをするとされています。シトルリンが、体内で筋肉を作りやすい環境を整えるための手助けをしてくれるということです。

そのため、運動やスポーツをする人たちは、好んで摂取しています。抗酸化作用や代謝が上がるという面から、ダイエットやむくみ解消など、アンチエイジングにも効果が期待されています。

そんなシトルリンですが、食べものの中で一番多く含まれているのがスイカです。
その他にも、メロンや冬瓜、ニガウリ、キュウリ、ヘチマなど、やはりウリ科の植物のほとんどに含まれてます。現在では、サプリメントも多く販売されていますし、そちらの方が含有量が多いので試してみるといいかもしれません。

筋トレに効くシトルリンの効果まとめ

シトルリンは、アミノ酸の一種で、ウリ科の植物のほとんどに含まれています。

筋トレに期待できる効果は一酸化窒素濃度の上昇による血管拡張作用です。一酸化窒素は、上昇すると血管拡張作用を起こし代謝をアップさせます。また、乳酸やアンモニアなどを素早く体外へ排出する働きがあり、筋肉作りの手助けをしてくれます。

食べものではスイカに最も多く含まれています。サプリメントなどをバランス良く利用することをお勧めします。

シトルリンは1日800mgの摂取量で効果が現れる

シトルリンの効果に期待することは、人それぞれです。しかしどの効果を期待する場合でも、飲むタイミングが違うと効果は表れにくくなります。そしてシトルリンは薬品ではないので上限は定まっていませんが、血流改善などの効果が高いので、過剰摂取になるとそれによる頭痛などの不快な症状が現れる場合があります。シトルリンは、タイミングと適量を守ると効果的です。

シトルリンは摂取量とタイミングがポイントです

スイカから発見された成分のシトルリンは体力向上や血流改善、肌のうるおいアップなどに非常に高い効果があります。食物から摂取する場合はスイカはもちろん、メロンやゴーヤなどにも含まれていて食事で摂取しやすい成分です。そしてより効果を高めたい場合は、やはりサプリメントで摂取すること毎日簡単に多く摂取出来ます。

しかしシトルリンはただ適当にサプリメントを取るだけでは、効果は上がりません。きちんとタイミングを合わせて摂取する必要があります。
シトルリンを飲んで脂肪燃焼をさせたい人は運動前に、運動後の疲労感が強くそれを早く回復させたい人は運動後に摂取すると破壊された筋肉組織を回復させて疲労物質を分解するので効果的です。

シトルリンの摂取量の上限は特に厚生省などで定められていませんが、何かの効果を期待して摂取するなら1日800mg以上継続して取ると効果が現れやすいです。しかし効果が出る事を急いで過剰摂取が続くと、頭痛などの症状が現れる場合があります。それはシトルリンに血流促進作用があるため、効果が現れすぎて脳の血流が促進しすぎると血管の近くにある神経が刺激されて頭痛を起こすことがあります。

薬品ではないので副作用はありませんが、シトルリン摂取量と飲むタイミングを守ったほうが良い状態が保てます。

シトルリンは摂取量とタイミングがポイントです

シトルリンは体力向上や美容に効果的な成分で、サプリメントで摂取すると簡単です。
しかしやみくもに摂取しても効果は上がらず、期待する効果によって運動前・運動後などのタイミングを考えることが大切です。

そして上限はありませんが、過剰摂取が続くと血流が良くなり過ぎるので適量を守った方が心配な症状が起こることなく安心です。

シトルリンやオルニチンはどのような働きをする成分なのか

筋力増強や健康促進などを目的にしたサプリメントは数多く販売されていますが、その中でもシトルリンやオルニチン、アルギニンは多くみられる成分です。

今回はこのようなサプリメントに含まれている成分が、どのような働きをしているのか紹介します。それぞれの成分の働きを知っておいて、効率的に摂取できるようになりましょう。

身体づくりに欠かすことができないだけでなく免疫力アップのためにも大事な成分

アルギニンは骨格や筋肉をつくるために欠かすことができないアミノ酸です。体内でも生産されますが、年を重ねるごとにその生産量は低下していきます。さらに、免疫細胞であるマクロファージにも働きかけます。マクロファージは体内に入ってきたウイルスや細菌を食べる白血球であり、その働きが活性化することによって免疫力アップにつながります。

次にシトルリンは遊離アミノ酸の一種であり、尿素をアンモニアから生成する際に重要な役割を果たしているのが特徴です。血管を拡張させる作用があるので、血の流れをよくしたり運動パフォーマンスをアップさせる効果を期待できます。これはシトルリンが増えることによって、アルギニンも増え一酸化窒素の濃度が体内で上昇するためです。一酸化窒素が血管を拡張することで血液量が増えて、パフォーマンスが向上します。運動によって生じるアンモニアや乳酸なども素早く除去します。

オルニチンは、しじみなどに豊富に含まれているアミノ酸の一種です。Lアルギニンから生合成され、主に肝臓内で働きます。肝臓内にはアンモニアを尿素にして解毒をするオルニチン回路が存在していますが、オルニチンはこの回路で重要な働きを行う成分です。

体内でつくられる量が少ないのでサプリメントや食事で摂取しよう

今回紹介したアミノ酸は体内で作りだすことはできますが、量が少ないため不足している分をサプリメントや食品で補う必要があります。身体の成長に欠かすことができないだけでなく免疫力をアップさせたり、疲労回復のサポートのためにも重要な成分です。

子どものころだけでなく年を重ねてからも意識して摂取することが大事なので、ライフスタイルに合わせてこのような成分を取り入れてみましょう。

体内でアルギニンからも作られるシトルリンの魅力

サプリメントの成分としてシトルリンがよく着目されるようになりました。体内ではアルギニンやオルニチンと相互変換が行われている成分ですが、シトルリンを成分として直接摂取するのにはどのような意義があるのでしょうか。どのような目的で摂取するのかに応じて適切な成分を選ぶ必要があるので、シトルリンの役割をまずは把握しましょう。

体内での役割から考えるシトルリンの摂取をする魅力とは

オルニチン回路と呼ばれる肝臓での解毒機構によりシトルリンはアルギニン、オルニチンと相互変換されています。そのため、肝臓の機能を向上させたいという場合にはシトルリンを摂取してもアルギニンを摂取してもそれほど大きな違いはないと考えることが可能です。しかし、この相互変換は決して早くはなく、サプリメントから摂取したときには摂取したアミノ酸の血中濃度が飛躍的に高まります。

そのため、アミノ酸が独自に持っている作用を強めたいときにはその成分を選ぶのが肝心です。シトルリンには一酸化窒素を発生させて血管を拡張させる作用があります。そのため、男性が生殖器の増大を目指したいというときにはアルギニンに比べて効果が高いとされていて、亜鉛と一緒に摂取するとさらに有効性が高まると考えられているのです。

また、血管の拡張によって血液循環が良くなると期待できるため、血行不良によるむくみの軽減などにも適しています。薄毛対策としても亜鉛と併用とすると良いとされていますが、毛細血管が張り巡らされている頭皮に栄養が行き渡るようになり、亜鉛による細胞分裂の促進によって髪の毛の細胞が増えやすくなるからです。

このような形で目的によってはシトルリンには魅力的な効果が得られます。

シトルリンで直接摂取するのが目的によっては効果的

体内ではシトルリンはアルギニンやオルニチンからも作られていますが、サプリメントとして摂取すると高い血中濃度にすることができ、独自の作用が強く発揮されるようになります。

血管の拡張作用が最も大きなものとして知られているので、それに付随する効果を期待するときには効果的です。目的に応じて亜鉛なども併用するとより良い効果を期待できるでしょう。